マイポリシー

2期8年の経験を活かして!
住みよいまちへ、自慢できるまちへ! 全力で取り組みます!
「あなたと一緒に、まちづくり!」

議員一人の力は、小さく限られています。
しかし、2期8年の経験を活かし、粘り強く時間をかけて「皆さんの声なき声」をしっかりとお聞きし、原点に立ち返り頑張って参ります。
皆さんの声を活かして、今後、進めていきたい施策を掲げました。
皆さんと共に進めて参ります。引き続いてご支援を宜しくお願い申し上げます。
福祉の充実と子育てしやすいまちづくり!
  • 地域の行事等のスリム化を図り、子育て世代に選ばれるまちに
  • 保育料の軽減と定員適正化による、質の高い保育確保と待機児童の解消
  • 高齢者福祉施設や療養型医療の計画的な拡充
  • 公共施設のバリアフリー化の促進、障碍者スポーツ事業の開催奨励
  • 満足できる幼児教育、いい保育士を確保するための優遇体制の整備
  • 児童クラブの2人目以降の負担軽減
安全安心のまちづくりで住みよいまちづくり!
  • 災害時伝達システムの周知と、要支援者への情報提供の迅速化
  • 見守りカメラ設置と、ICT活用による確実な対応
  • 防犯灯の設置基準の見直しと、管理の一元化
  • 歩行者、自転車の安全な通行空間の確保
  • 小学生の自転車ヘルメットの義務化
  • 消防団・防災士・町内会の連携強化と、地域防災組織の育成を支援
地域連携で子供を育てる支援体制づくり!
  • いじめゼロを目指して家庭と学校の連携強化
  • いじめや不登校を防ぐためのスクールカウンセラーの配置
  • 経済や地域による教育格差の解消と是正
  • 公教育のレベルアップと、教育委員会・学校・地域の連携強化
  • 全中学校給食、学校園にエアコン・トイレ洋式化の早期実現
  • PTA・地域・学校との連携によるコミュニティスクールの推進
インフラ整備で便利で住みよいまちづくり!
  • 日岡公園・権現総合公園・みとろフルーツパークの整備促進
  • 都市間を結ぶ公共交通機関の利便性向上を推進
  • 北西部の市街化調整区域の見直しと、公共交通手段の確保
  • 東播磨道・神吉中津大橋・国道2号線4車線化・新橋架け替えの早期実現
  • 姫路~大久保平荘バイパスの早期開通
地域活性化による賑わい創出のまちづくり!
  • 加古川駅周辺の宿泊施設の誘致と、駅前道路の早期整備
  • 空き家バンクの周知と、更なる利活用により定住者を誘致
  • Uターン促進のための助成金の拡充
  • 農業の6次産業化と、道の駅直売所の建設
  • 地域独特の食文化を発信し、飲食店等の活性化
  • スポーツ施設の拡充と、プロスポーツの育成補助

この8年間で実現できたこと

  • 池尻橋歩道と拡幅実現!
  • 両荘中学校給食実施!
  • 上荘くるりん号の延伸と利便性向上!
  • 見守りカメラと防犯灯の拡充!
  • 食のグルメイベント誘致!

アルバム

プロフィール

プロフィール

加古川・高砂にて自動車販売及び整備事業を営んでおります。
昭和43年
10月14日 加古川市生れ
昭和56年
加古川市立上荘小学校 卒業
昭和59年
加古川市立両荘中学校 卒業
昭和62年
兵庫県立東播磨高等学校 卒業
平成元年
兵庫県立但馬技術大学校 自動車工学科 卒業
平成元年
兵庫日産自動車(株) 入社
平成 7年
(有)タマガワモーターコーポレーション 入社
平成 9年
同社 専務取締役 就任
平成22年
同社 代表取締役 就任 現在に至る

主な略歴

  • 平成20、21年度 東播磨高等学校評議委員
  • 平成24年度より 加古川市消防団 上荘分団 副分団長
  • 平成25年度より 加古川市野球協会 参与
  • 平成26年度 加古川商工会議所 議員
  • 平成26年度 加古川青年会議所 特別会員
  • 平成26年度 加古川ボート協会 副会長
  • 平成30年度 両荘中学校PTA会長

応援している政治家

衆議院議員 渡海紀三朗 氏、兵庫県議会議員 釜谷研造 氏

家族構成

父・母・妻・娘2人の6人家族

市政報告

夢は実現するための苗木です。幸せな街づくりを目指します。

みなんの夢を実現するための
「幸せのまちづくり3つのプランができました!」

(1)温かみのあるまちづくり

  1. 安全・安心のまちづくりと犯罪ゼロのまち加古川を
    子供たちをはじめとする地域住民の安全・安心を守るための防犯パトロールの強化(警察)・安全に通学通勤できる交通安全対策の拡充、防災においては平時からの防災に備えための組織の強化・減災のための啓発活動やリーダー研修などの拡充、地域の特徴を考慮した自主防災活動の推進とその機能の充実を図ります。
  2. 市全域をすべての公共交通で結びます。
    公共交通を見直しつつ「便利で住みやすい」を目指しコミニュティをなくさないまちづくりと高齢 化に伴う交通弱者に対応したインフラ整備(スーパーの誘致、道路整備、市町村有償運 送)の推進を図ります。
  3. 加古川市政を一新します
    地方分権が進む中、今一度、市の体制と事務事業を見直し効率のよい行財政をめざし、職員の士気が上がるような「やる気情熱のある職員が報われる仕組み」を検証します。今後さらに、進む広域事業においても効率性や透明性を確保しながら広域行政の推進を図っていきます。市民のみなさんわかりやすい開かれた市政を目指し、対話のできる政治をめざし相互扶助を基本とした社会福祉に寄与できることを基本に働く人が報われる加古川の構築に努めていきます。

(2)元気なまちづくり

  1. 観光客を増やし活性化を図ります(特性を生かした観光の強化)
    地元名物、名産「かつめし」などを利用したまちづくりの充実や北部地域の資源を生かし た具体的な公園整備や運営の充実、スマートインターの実現や各施設(道の駅、温泉施設など)の 施設設備の実現を目指します。
  2. 優良企業を誘致し昼間人口を増やします(地元中小企業の活性化につなげます)
    駅周辺にPFIなど用いたオフィスビルなどを模索しオフィス街を作り 内需拡大を図り、地元で活躍する企業やものづくり産業、地場産業や地域の特性を生かし たサービス業などの優先的に取引できる具体的な活性化の提案と環境整備を検証します。また、商業地においては古き良きものを再生しながら賑わいを取り戻す商店街活性化を図ります。(地域振興基本条例も含めて)
  3. いい医者の確保と医療最先端のまち加古川(地域医療の充実と新病院設立早期実現)
    地域住民の生命と健康を守るための先進高度医療の確立と、二次救急医療体制はもちろん三次急救体制にも対応できるよう、研修医などが学べる医者の研究チームによる研究施設を充実させいい医者の確保を図り、後に高度医療導入可能な体制を図ります。

(3)明るいまちづくり

  1. どこよりも安全でおいしい給食の実現(中学校完全給食実施と食育の充実)
    中学校給食に向けそれぞれの方法でできるところから実施に向けて進めます。また、地元産をふんだんに導入した食材で全学校園の食育を考慮した栄養のバ ランス、安全・安心で美味しい給食の提供の実現を目指します。
  2. 子育てのまち加古川の構築(加古川市の人口は増やします)
    学校園の施設設備の充実、独自のユニット12を活用した教育体制の確立と充実、認定
    こども園の拡充による女性も活躍できる環境を整え子育て支援の環境整備を図り小子化
    対策にも役立てるような政策を検証します。
  3. 誰一人犠牲をださない防災・減災の強化
    平時からの防災・減災の強化と講習会などの拡充し、地域性を考慮した自主防災活動の推進と提案をしてまいります。また、防災リーダーを育成し有事においての組織と機能の強化を図ります。また、震災での被災者支援も引き続き継続して行っていきます。
皆さとともに進めていきたい!なければ進みません。よろしくお願いします。

バックナンバー

アクセス

後援会事務所

住所
〒675-1216 加古川市上荘町都染494-1
最寄駅から
JR「加古川駅」よりバスに乗り換え
3番バス乗り場から「都台」行きに乗車
「都染」バス停の90メートル手前です。
お車の場合
駐車場を併設しております。
連絡先
Phone:079-429-0081
Fax:079-429-0085

地図